挫折知らずのゼニカルでダイエット

使用者の体験談を確認してみますと、言うならラー油に似た便が出てくるなんて事もあるようです。

 

ゼニカルというのは、腸管内にて脂肪分解を阻害し、食事の中に内蔵されている脂肪が加水分解するのを減少させる事が可能な医薬品です。

 

またボディーへの吸収も殆ど行われないそうです。

 

この事から、全身に反対にの副作用は殆ど無いと言われていますが、腸にて作用し、腸で脂肪の吸収を抑制させているため、便中の脂肪がすぐさま増加し、排便関連の副作用が数多く報告されています。

 

体が次第に慣れてくるからか、使用を開始してから1年目より2年目の方がこれら色々な症状は緩和されます。

 

外出時などに困る時には、肛門部に生理用ナプキンを当てておくと良いでしょう。

 

ただこれらの副作用は、脂肪分が体内に吸収される事なく排出されていますので、特に気にする必須はありません。

 

放屁と共に便が出る(40%)、便が油でコーティングされている感じ(32%)、排便の切迫と直ちにに排出しそうになる(29.7%)、肛門から油のようなものが垂れ流れてくる(14%)、便失禁(11%)、便の回数が増える(11%)などが挙げられます。

 

ただしその一方で、リパーゼ以外である「phospholipaseA2」「amylase」「trypsin」などといった膵臓酵素に関しては阻害されないようです。